くせ毛対策

くせ毛を治したい|ブリーチした髪に縮毛矯正は同時にできる?順番は?

くせ毛を治したい人は、カラーやパーマなど、
ダメージの大きいものは避けたほうが無難。

というのも、こういったダメージが原因で、くせ毛が悪化することがあるから。

 

でも、せっかく女性に生まれてきたのであれば、
「いま」も髪の毛のおしゃれを楽しみたい。

そんな方はきっと少なくないはず。

 

ところで、実際にブリーチや縮毛矯正が髪の毛に与える影響はどのくらい?

さらに、同時に行ったり、日を空けずに順番に行うことは可能なの?

 

今回は、そんな女性たちの疑問を解決すべく、
ブリーチした髪に縮毛矯正は同時にできる?順番は?

についてお話ししたいと思います!

くせ毛を治したい!「ブリーチ」と「縮毛矯正」は同時にできるの?

同時施術は一応OK

縮毛矯正ならどんな髪でもまっすぐサラサラにできるイメージがあるため、
ブリーチヘアにも効果があると思われがち。

ですが、縮毛矯正は薬と熱の力で無理やり髪質を変えているだけで、
傷んだ髪を修復しているわけではありません。

 

縮毛矯正は天然パーマなどのクセを矯正するにはぴったりな施術ですが、
傷んだ髪にはかけない方がベスト。

 

ですが、一応、縮毛矯正とブリーチの同時施術は可能。

この場合、縮毛矯正の薬を少し弱めた、
化粧品登録されている薬剤を使用することになります。

※薬事法的に医薬部外品でストレートをかけた場合はカラーはNG

 

髪の毛のボリュームにお悩みのあなたには、乾燥を防ぐ保湿効果のあるシャンプーがおすすめ。

→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

 

なぜ、これらのシャンプーをおすすめしているかというと、
髪の毛に優しい成分が配合されていたり、隅々まで考えて作られているから。

市販のシャンプーではダメなのかというと、そうではありません。

 

ただ、市販のシャンプーはシリコン入りのものが多く、ありすぎてどれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、当ブログの運営者として、口コミやSNS等で人気の高い商品をピックアップし、「有効成分」「価格」「口コミ」「使用感」を5段階評価でレビュー。

実際に使ってみた感想というのは、かなり参考になるのではないでしょうか。

 

いますぐチェック!→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!「髪の毛がサラつやに!」「髪質が変わる!」「くせ毛とはおさらば」 あなたはこのようなPOPを見て、購入を決めたものの あまり効果...

 

痛み2倍は覚悟して

縮毛矯正とブリーチは同時に行ってもいいというお話をしましたが、
かといってブリーチした髪の毛に縮毛矯正をかけるのは危険。

ブリーチをした後に縮毛矯正をしても、必ずしもサラサラな髪になれるとは限りません。

 

むしろ、縮毛矯正後にビビり毛といわれるような
「チリチリ」な毛になってしまってもおかしくないのです。

すなわち、ブリーチと縮毛矯正は同じくらい痛み、
ダメージが積み重なるということ。

 

髪への負担が大きくなり、きちんとヘアケアをしていない限り
時間が経つにつれてチリチリになってしまうのです。

ブリーチと縮毛矯正を両方したい!別日で施術する時の順番は?

ここでは、縮毛矯正とブリーチをしたい場合の、
期間別の最適な順番についてお話します。

 

本来なら、間隔を空けようが空けまいが、やらないのがベストなんですが・・・。

そうはいっても、おしゃれを楽しみたい女性にとっては、
ストレートもカラーリングも捨てがたいものだということですね!

14日間以内は縮毛矯正からがベター

14日間以内の短い間隔で縮毛矯正、ヘアカラーどちらも行う場合は
先に「縮毛矯正」を行うのがベター。

 

というのも、縮毛矯正とヘアカラーはどちらも髪の毛に変化をさせますが
この二つには似て非なる特徴があります。

 

・縮毛矯正は髪の毛の結合を変えて、色素にも影響を与える

・ヘアカラーは髪の毛の形は変えずに、色素に影響を与える

 

つまり、先にヘアカラーをしてしまうと縮毛矯正をした時に色落ちする可能性が高く、
髪色が明るくなってしまうことがあるということ。

あまり間隔をあけずに施術する時は「縮毛矯正」から行いましょう!

 

1ヶ月以上空ければどちらからでもOK!

間隔を1ヶ月以上間隔をあける場合は、ヘアカラーが化学反応を終え、安定するため
どちらから施術しても大丈夫です!

 

もし、縮毛矯正とブリーチを両方行いたいなら
「縮毛矯正をして1か月ほど経ったら髪の状態を見つつブリーチを入れていく」

という方法を選びましょう。

 

縮毛矯正とヘアカラー2つともやるとなると、
多少なりともダメージがかかることは避けられません。

また、縮毛矯正もヘアカラーも定期的に美容院でやってもらわないといけないですよね。

それを考えると、1回の施術で少しでもダメージを少なくし、
綺麗な髪の毛をキープすることが重要なポイントなのです

 

ブリーチ部分は縮毛矯正をかけないように!

先ほどもお話ししましたが、ブリーチ部分には縮毛矯正はかけることができません。

 

何故なら、ブリーチをしてしまうと髪の毛は大きくダメージを受けてしまっています。

そこに縮毛矯正をかけてしまうと、髪の毛の癖が伸びないどころか、
「ビビり毛」と呼ばれるチリチリな髪の毛になってしまうから。

 

また、ビビり毛になる可能性が低くても、ヘアカラーは明るくすればするほど髪の毛のダメージは大きくなりますので、髪の毛の状態は常に意識しておいてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ブリーチした髪に縮毛矯正は同時にできるかどうか、順番はどちらが先か、
についてお話ししました。

 

同時にできるというお話はしましたが、
ブリーチも縮毛矯正も、髪へのダメージは最悪レベル。

やらないのが一番ではあります。

 

しかし、どうしてもやりたい!という場合は、念入りにヘアケアを行うに尽きます。

ヘアケアをして、健康な髪の毛を手に入れられれば、
受けるダメージも最小限に済みますよ!

参考:くせ毛を治す方法!女性のくせ毛を根本的に治す方法【原因と改善法】

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら

*\ぽちっと/*お願いします!


にほんブログ村


ヘアケアランキング

 

1ヶ月で実感!?今なら定期コースがお得

髪の毛に栄養を与え、いつまでも美しく…アスロング

★☆★☆★☆定期初回は60%オフ★☆

★☆2回目以降も40%オフ★☆★☆