くせ毛対策

くせ毛でも前髪作りたい!汗をかいてもひどいうねりを直すブロー

今日はデートなのに、前髪がやばい!

と毎回バタバタするあなた。

 

特に雨の日や汗をかいた日なんて、くせ毛の人にとって最悪ですよね。

前髪はお顔の印象を決めるので、冴えない前髪の1日は、冴えない感じになってしまいます。

 

今回は、毎日のセットをもう少し楽にしたい、前髪作りたいけどくせ毛が不安、という方必見!

あなたでもできる、汗をかいてもうねりを直す髪型をつくるブロー方法をお話しします。

前髪のくせ毛のタイプ

まずは、あなたの前髪のくせ毛タイプを知りましょう。

タイプによって対処法が少しずつ異なってきますので、鏡と向き合いながら読んでみてください。

うねり髪タイプ

前髪の内側やこめかみのあたりが、特につよくうねる方。肌に触れる髪の毛は、皮脂や汗で湿っていることもあるので、くせ毛が出やすいのです。

髪質にもよりますが、軟らかい髪の毛の人はブローで改善可能。髪が硬く強いくせ毛の方は、縮毛矯正などをした方が早いかもしれません。

くるくるくせ毛タイプ

前髪がカール状にくるんと巻くタイプのくせ毛。うまく扱えればくせ毛を活かしながらオシャレな髪型にすることも十分可能。

このタイプの方は、肩につくくらいのショートにすると、後ろ髪もいい感じにパーマをかけたようなカールになることが多いです。

 

またブローでも流しやすいので、このあと解説していくブロー方法を参考に、うまく前髪のくせ毛を使いこなしてしまいましょう。

根元ぱっくりタイプ

前髪につむじがあったりして、ぱっくり割れてしまったり、浮きあがってしまうタイプ。

 

このタイプの方が一番大変で、分け目の強弱にもよりますが、基本的にすぐに治すことが難しい場合もあります。

根気よく、ケアを続けていくのが大切です。

汗をかいても大丈夫!前髪のうねりを直すブロー方法

ブローでくせ毛を治してあげよう

準備するもの

  • ブラシ(ロールブラシがベスト)
  • 水スプレー
  • くし
  • ドライヤー
  • シングルピン(なくてもOK)

どのアイテムも、どこの家庭にもありそうなものばかりですね。

1.しっかりと髪の毛を濡らす

まずは前髪をしっかりと濡らします

毛先だけではなく、根元からちゃんと濡らすことがポイント。乾かしながら整えて行きます。

2. ブラシやクシでとかす

前髪を濡らしたら、ブラシやくしでとかしていきます。均一に水分が行き渡るので、くせ毛を治しやすくなります。

こういったちょっとしたひと手間が、雨の日でも崩れない前髪のポイント。

 

自分の流したい方向や、作りたい前髪のイメージにとかしつけてから乾かしていきましょう。

3. 少し時間をおく

ステップ2の後、約2〜3分時間を置くとさらに効果的。

前髪が乾いてきてしまうと逆効果ですので適度に時間を置きましょう。

 

前髪のくせは根元部分についているため、根元までしっかりと水分が浸透するのに少し時間がかかるのです。

くしでコーミングし、ドライヤーなどを準備していたらあっという間に2〜3分経ちますので、ちょっとだけ意識してみてください。

4. 左右に引っ張りながらドライヤーをあてる

乾かす際には前髪を左右に引っ張りながらドライヤーをあてていくことで、くせ毛を治していきます。

ポイントは、根元を色々な方向に動かすということ。

 

バサバサとこすって乾かしてもいいのですが、強いくせ毛の場合は左右に引っ張りながら乾かさないと治せません。

髪は乾燥しすぎるとパサついてうねってしまったりするので、ドライヤーは髪の水分を保護しながら乾かすことのできる「マイナスイオンドライヤー」などがおすすめ。


こちらもクリック→ドライヤーやヘアアイロンのお気に入りが必ず見つかるビューティーパーク

くせ毛前髪は特にパサつきやすいので、ドライヤーにもこだわってみましょう。

5. ブラシでブロー

指で直しきれないくせ毛はロールブラシでブローして治しましょう。

根元にグッとブラシを入れ、1回で決めれるように練習あるのみ!何回もブラシを入れても乾ききったくせ毛は直りませんし、髪が傷んでしまいます。

 

もし、失敗してしまったら、水スプレーで軽く濡らしてあげて。

大事なのはドライヤーをあてる角度。

 

必ず根元から毛先に向けて風をあてましょう。逆向きに風をあててしまうと髪がバサバサしてしまい、くせ毛も伸びにくくなってしまいます。

また、髪に対して垂直に風を当てるよりも、ななめ45度くらいからあてた方がキューティクルが整い、ツヤがでやすくなります。

6. 前髪の形を整えながら、冷風で冷やす

最後に前髪を自分の流したい方向やイメージする完成形に整えながら、冷風をあてて冷やします。

髪の毛は乾いて冷える瞬間に形がロックされますので、この工程をやっておくと前髪のもちがよくなりますよ。

7. スタイリングもしっかりと

ワックスやオイルを使い、スタイリングもしっかりと行いましょう。

ワックスやオイルは、前髪が湿気を吸ってしまいくせ毛が戻ってこないように、髪をコーティングする効果もあります。

 

ごく少量、ワックスなら全体をスタイリングして最後に手に残った分をつける程度で十分です。

根元にはつけず、中間から毛先につけていきましょう。

8. スプレーでキープ

仕上げにヘアスプレーを軽く振れば、くせ毛前髪の対策は完璧です。

ここで気をつけたいのは前髪の裏側にスプレーをするというポイントです。

 

表面にかけてしまうと自然な質感を出せず、いかにも固めましたという前髪になってしまいます。

指やコームの柄の部分で優しく前髪を持ち上げ、裏側をほどよく固めるように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この方法なら、これまで諦めてきた前髪にチャレンジする気になりませんか?

 

くせ毛の前髪も、やり方次第であなただけの素敵な髪型になるのです。

くせ毛の特徴を掴んで、前髪印象アップを目指しましょう!

 

くせ毛に効果的なアミノ酸シャンプーは、こちらがおすすめ。

→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

 

なぜ、これらのシャンプーをおすすめしているかというと、
髪の毛に優しい成分が配合されていたり、隅々まで考えて作られているから。

市販のシャンプーではダメなのかというと、そうではありません。

 

ただ、市販のシャンプーはシリコン入りのものが多く、ありすぎてどれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、当ブログの運営者として、口コミやSNS等で人気の高い商品をピックアップし、「有効成分」「価格」「口コミ」「使用感」を5段階評価でレビュー。

実際に使ってみた感想というのは、かなり参考になるのではないでしょうか。

 

いますぐチェック!→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!「髪の毛がサラつやに!」「髪質が変わる!」「くせ毛とはおさらば」 あなたはこのようなPOPを見て、購入を決めたものの あまり効果...

 

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村


ヘアケアランキング

1ヶ月で実感!?今なら定期コースがお得

髪の毛に栄養を与え、いつまでも美しく…アスロング

★☆★☆★☆定期初回は60%オフ★☆

★☆2回目以降も40%オフ★☆★☆