くせ毛対策

くせ毛を改善させる生活習慣とは?ストレスに負けない生活習慣7つのポイント

くせ毛は、髪の毛がきちんと育っていないことが原因です。

遺伝が原因ということもありますが、生活習慣が悪いせい、という可能性もあります。

 

生活習慣が悪いと身体に悪影響なのは誰でも分かっているかもしれませんが、髪にまで影響があることを理解していますか?

今回は、くせ毛を改善させるための生活習慣のポイントについてお話しします。

くせ毛を改善させるための生活習慣

食生活を改める

栄養を取ることは、身体の健康だけでなく、髪自体にも栄養を行き渡らせることになります。

髪の栄養には、ビタミンやミネラル、亜鉛、アミノ酸が効果的で、ビタミンやミネラルは野菜や果物から、亜鉛やアミノ酸は海藻類から取ることが可能です。

 

逆に脂の多いお肉ばかり食べてしまうと、体内だけで消化しきれずに、毛穴から皮脂として排出してしまい、皮脂が毛穴に詰まった状態になります。

そうなると、髪は押しつぶされて曲がった状態で出ようとしてしまいますので、毛穴の中でうねったまま伸びていってしまう原因に。

 

髪の毛は最初の生え際が重要で、まっすぐ育つような環境にしてあげることで、くせもある程度抑えることが可能。

野菜や果物、海藻類などの不足しがちな栄養はしっかり取るようにしましょう。

 

特に、食事制限などのダイエットは栄養が不足してしまう状態になるため、あまりおすすめしません。

食事スタイルを改善した生活習慣を取り入れることで、くせ毛を改善していきましょう。

シャンプーを変える

シャンプーには様々な種類があり、髪質に会うシャンプーは人によって異なります。

くせ毛に悩む人にオススメのシャンプーは、アミノ酸シャンプー

 

アミノ酸は、髪の毛の栄養に必要な成分で、食事から取り入れても、外から直接与えても効果的。

アミノ酸は弱酸性のため、洗浄力が弱区、その分頭皮への刺激が緩和されるため、頭皮を傷つけることなく髪を洗うことができます。

 

一般のシャンプーは界面活性剤が多いものもあり、髪に余分なダメージを与えてしまうものもありますので、できるだけくせ毛にこれ以上のダメージを与えないように気をつけましょう。

頭皮の状態を良好に

頭皮が血行不良になることで、髪に栄養が行き渡らなくなる原因に。

そこで、十分な栄養を取ることが大切なのですが、そのとった栄養を十分に行き渡らせるためにも頭皮のケアが大切です。

 

頭皮をマッサージしてあげるだけでも頭皮の血行が良くなるので、身体全体をほぐしてあげることも効果的。

ストレッチをすることで身体全体の血行が良くなれば、頭皮の血行も良くなる、ということ。

 

生活の中で空き時間を見つけて、簡単なストレッチから取り組んでみましょう。

ストレッチをする生活習慣をつけるとより良いくせ毛改善につながりますので、ぜひ試してみてください

ストレスを溜めない

日常生活を送っていると、仕事や恋愛など、誰でもストレスを抱えているものですが、ストレスを抱えてすぎてしまうと、心も身体にも支障をきたしてしまうのです。

ストレスを溜めてしまうと、頭皮が固くなってしまい、髪の毛が生えてくる毛穴の形がゆがんでしまいがちに。

 

毛穴が歪んでしまうと、髪はまっすぐ伸びてこずに、毛穴の中でカーブして生えてこようとします。

頭皮環境をよくするためにも、ストレスを溜めないことが重要ですね。

質の高い睡眠をしっかりとる

しっかり睡眠がとれていると、ホルモンバランスが整い、髪にしっかり栄養が届くようになります。

毎日の睡眠時間を一定に保つことで、自律神経の働きを整えてくれるので、なるべく6〜7時間は睡眠を確保するようにしましょう。

 

自分のちょうどいい睡眠時間を見つけるのもひとつの手。

睡眠をしっかり取るということは、ストレス軽減にもつながりますので、できるだけ睡眠はとっておくことが大切です。

ドライヤーでの乾かし方

お風呂上がりに髪を濡らしたままにしている人は特に注意。

髪は濡れた状態だと、髪の外皮であるキューティクルが開いた状態となっていて、髪の毛を守るキューティクルが開いた状態で髪に刺激を与えてしまうと、髪の内部がダメージを受けてしまうのです。

 

髪の内部は一度ダメージを受けると、回復することはなく、新しい髪が生え変わるまでくせがそのまま残ってしまう状態になってしまうのです。

そのため、髪が濡れた状態を放置せず、ドライヤーでしっかり乾かす習慣をつけましょう。

 

過度なカラーリングはNG

カラーリングは髪をかなり傷めてしまう原因の一つ。

カラーリングはキューティクルを開いて、髪の内部に無理やり薬剤を入れることで色を定着させます。そう思うと、ある程度のダメージは避けられませんよね。

 

くせ毛を悪化させたくない場合は、カラーリングはあまりオススメしません。

過度にやりすぎると、くせ毛出ない人も髪を傷めた結果、くせが出てしまうこともあるのです

 

カラーリングは、2〜3ヶ月に一回程度に留めるようにして、さらにリタッチにすると髪の毛をあまり傷めずにカラーリングをすることも可能ですよ。

 

まとめ

今回紹介したくせ毛の原因を改めることで、悪化を防ぐことはできます。

あなたのくせ毛は、昔からあったとしても遺伝ではなく、生活習慣の中に原因がある可能性も。

 

ひとつずつでも守っていくことを意識してみましょう。

生活習慣の改善まとめ

・バランスの良い食事

・アミノ酸シャンプーに変える

・頭皮のマッサージやストレッチをする

・ストレスを溜めない

・6〜7時間睡眠

・濡れた髪の毛は乾かす

・過度なカラーリングはNG

徐々に生活習慣を変えていけば、髪の健康だけでなく身体の健康を手に入れることができます!

今日から実践して、無理のないくせ毛の改善を始めましょう。

 

 

この記事がお役に立ちましたら

*\ぽちっと/*お願いします!


にほんブログ村


ヘアケアランキング