ライフスタイル

毎日使うヘアアイロン の痛まない方法!高頻度でも熱から守るポイント

 

髪は、あなたと毎日一緒に過ごしているもの。

でも、くせ毛やうねりがあり、コンプレックスを抱えている方というのは意外と多いです。

 

そんなあなたの髪の味方をしてくれるのは、ヘアアイロン。

痛むことはわかっていても、あなたのくせを手っ取り早くスタイリングしてくれるので、毎日使って、ついつい手放せなくなってしまうのも、無理はありません。

 

しかし、やっぱり熱のダメージから目をそらして欲しくないのです。

今回は、毎日使うヘアアイロン の痛まない方法、頻度が高くても熱から守るポイントについてお話しします!

ヘアアイロンは毎日使う。痛む原因って?

ヘアアイロン で髪が傷む理由

髪の毛はほとんどタンパク質でできています。

ヘアアイロンで熱を加え続けると、髪の毛はタンパク変性という現象を起こして傷んでしまいます。

 

これを同じくタンパク質でできている卵で考えると、生卵に火にかけたり、ゆでることで卵は固まりゆで卵やスクランブルエッグになりますよね。

このように熱を加えて硬くなってしまった場合、髪の毛は中身がスカスカになり、簡単にちぎれてしまう状態になってしまうのです。

 

さらにゆで卵やスクランブルエッグを生卵に戻せないように、タンパク変性を起こしてしまった髪の毛は、二度と元の状態に戻すことは不可能。

それと同じように、髪のたんぱく質も熱を加えると硬くなります。

 

コテ、ヘアアイロンはタンパク変性を起こしやすい道具で、髪の毛のタンパク変性は60℃から始まり、110℃以上になると急激に髪が硬くなります。

250℃ではキューティクルが溶けてしまいます。

 

このように、髪を長時間高温にさらすと、たんぱく質が硬くなると同時に髪の中に小さな空洞ができて、ここから髪が裂けたり切れたりするのです。

濡れている髪にヘアアイロンはNG!

髪の毛が濡れている状態なのにヘアアイロンをしてしまう方、今すぐやめてください。

 

濡れた髪の毛は、膨潤してキューティクルが立ち上がり、とても傷つきやすい状態です。

水分を含んだ髪の毛をヘアアイロンで挟んでしまうと、摩擦の刺激により、髪の毛を傷めてしまいます。

 

また、アイロンをしたときに、髪から「ジュー」といった音が鳴ったら髪が一気にボロボロになっています。

これは髪内部に含まれる水分に、高温のアイロンが触れることで、水が気化し、膨張している状態。

 

水分が気化して水蒸気になると体積が約1700倍まで膨れ上がり、髪という密閉空間の中で、この体積の膨張が起こると水蒸気の逃げ場がないので、髪の毛を破壊して外に出ていきます。

これは、空気を入れすぎて破裂する風船のイメージ。

 

このダメージによって傷んでしまった髪は、たとえ美容師でもどうにもできないほどのダメージになります。

たとえば、ヘアカラーをしても色が定着する部分が破壊されてしまっているので染まらなかったり、パーマをあてても髪の形状を留めておく部分が破壊されているので全くあたらなかったりと、薬剤が全く作用しない髪になってしまうのです。

 

濡れた状態にヘアアイロンやコテは絶対に使わないでくださいね。

ヘアアイロン の痛まない方法

正しい方法でヘアアイロンを使用する

ヘアアイロンを間違った方法で使用していると、髪に必要以上に負荷がかかってしまいます。

髪が絡まっている状態での使用も絶対だめ

 

熱と同時に絡まっているところに対して強い摩擦がかかるため、キューティクルがはがれたり、最悪の場合、髪が絡まった部分からちぎれてしまう原因に。

こちらに、アイロンの使い方について詳しく説明していますので、参考にして見てください。

うねりにはヘアアイロン !時間がかかるヘアアイロンの時短の4つのコツ急いでいるのに、髪がまとまらない! あなたは毎朝、そんなお悩みを抱えていませんか? では、どうやって解消していますか...

性能が高いヘアアイロンでダメージを最小限に

アイロンの性能は、プロ用のヘアアイロンにはダメージを抑えるための仕組みがたくさん組み込まれています。

また市販品の安いものを使っているとプレートがはがれて髪に過度な摩擦がかかるようになります。

プレートのはがれたヘアアイロンを使い続けるとキューティクルがどんどん剥がれて髪の表面がボロボロになっていきます。

値段は高くなりますが、それだけ高性能であることは確実です。




使うほど髪が美しくなるヘアアイロン

長持ちさせながら熱から守るポイント

朝にヘアアイロンでまっすぐに伸ばしてもすぐにくせが出てしまう人、頑張って巻いたのにすぐに取れてしまってスタイルが長持ちしないと悩んでいる人は多いと思います。

アイロンの効果を長持ちさせるためには、髪にしっかりと熱が伝わっていないといけません。

 

つまり、アイロンがすぐ取れてしまうという方は、熱がしっかりと髪に伝えられていないのが原因。

よくある例として、アイロンで挟む毛束が多すぎるケースがあります。

 

この場合、アイロンのプレートに触れている部分には熱が伝わりますが、毛束の真ん中あたりの毛にはほとんど熱が伝わっておらず、充分に熱が入らなかった部分からくせが出てふくらんだり、カールが落ちてきてすぐにスタイルが崩れてしまう原因に。

 

さらに思い通りの形にならないため何度も同じ場所にアイロンを通してしまい、表面の髪だけ熱を受けてひどいダメージ毛になってしまうのです。

効果を長持ちさせるためには、アイロンの熱が充分伝わる太さの毛束にブロッキングし、高い温度ですばやく通すようにするのがコツ。

 

温度が低いと思い通り形がつかず、結局何度も同じところにアイロンを通すことに。

それよりもある程度高い温度で、サッと形を作ってしまったほうがダメージも抑えられます。

 

ヘアアイロンによるダメージを抑えるためには熱によるダメージから髪を保護することが必要なのです。

ヘアケアアイテムで熱ダメージを最小限に

一番いいヘアケアはシャンプー!

一番オススメのヘアケアはズバリシャンプー。

シャンプーは毎日髪の毛に使うものなので、ダメージをケアしてくれる効果があるものを使えば、洗うたびにヘアケアできるんです。

 

髪の毛をケアしてくれるものとして洗い流さないトリートメントなどもありますが、まず初めはシャンプーからスタートするのがおすすめ。

シャンプーはあなたの髪の毛のベースを作ってくれるとても大切なもの。

 

こちらでダメージに優しいシャンプーを選ぶポイントを紹介していますので、シャンプーを選ぶ時は参考にしてください。

髪のうねりはシャンプーを選べ!産後や加齢のくせ毛に効くシャンプー選び方髪の毛って、女性の印象の半分を占めるとともに、生活環境や身体の変化にとっても敏感なのはご存知でしたか? そして、こんなお悩みを持っ...

洗い流さないトリートメントは熱から守ってくれる

最近では熱ダメージが髪に伝わるのを和らげる効果のある洗い流さないトリートメントが発売されています。

もともと洗い流さないトリートメントは髪の表面を保護するためのアイテムです。

 

その中でも、おすすめはヘアオイル。

オイルのコーティング効果により、摩擦や熱から髪の毛を守ってくれるので、ヘアアイロン やドライヤー前に使うのがヘアケアのポイント。

ヘアケアで、熱から髪を守ってあげましょう。

髪の毛のうねりを抑える方法!オーガニックヘアオイルのくせ毛防止効果髪の毛がうねってまとまらない。うねりやくせ毛が広がる・・・。 あなたはこんなお悩みを抱えていませんか? かといって、...

まとめ

いかがでしたでしょうか。


髪のダメージを抑える方法まとめ

  • 正しい使い方をする。
  • 性能の高いヘアアイロンを使う。
  • 熱ダメージを抑えるヘアケアアイテムを使う。

 

これらのポイントを抑えれば髪が受けるダメージは最小限に抑えられます。

ヘアアイロン を上手に使って、毎日のスタイリングをダメージレスで楽にしちゃいましょう!

 

 

この記事がお役に立ちましたら

*\ぽちっと/*お願いします!


にほんブログ村


ヘアケアランキング