くせ毛対策

髪の毛がパサパサでくせ毛が気になる!ヘアオイルを使ったパサつき改善方法

髪の毛がパサパサでくせ毛が気になる方は、シャンプーやトリートメントに加えて、洗い流さないトリートメントを使う方が多いと思います。

そこで試して欲しいのが、ヘアオイル

 

でも、オイルってベタついたり、重くなるのでは?と思ったあなた。それ、使い方が間違ってるかもしれません!

実はヘアオイルは洗い流さないトリートメントとしても、スタイリング剤にも使える万能品。

 

今回は、髪の毛がパサパサでくせ毛が気になる原因と、ヘアオイルの正しい使い方をお話しします!

髪の毛がパサパサでくせ毛が気になるのは保湿不足

髪の毛がパサパサになってしまうことと、くせ毛というのは、実は関連が深いです。

くせ毛は、くせ毛が乾燥する!パサついて広がる髪のダメージケア方法3つにも記載している通り、ダメージに弱いくせ毛になっているか、髪にダメージを与えてしまっていることが原因で乾燥しやすくなっています。

 

また、乾燥するのは、あなたのくせ毛が髪内部の水分を保持できていない、ということ。

ダメージに弱いくせ毛になっていたり、ダメージを与えてしまっていたりすると、キューティクルが剥がれ、水分を保持できない状態になってしまうんですね。

 

よって、くせ毛の乾燥を防ぐためには、ダメージを防ぐことや水分を閉じ込めることが、有効と言えるのです。

ヘアオイルを使ったパサパサ改善方法とは

冒頭でもおすすめしたヘアオイルは、髪の毛の外側をコーティングし、外部からのダメージを防いだり、内部の栄養を閉じ込める役割をしてくれます。

そんなヘアオイルの効果と、使うステップを詳しくみていきましょう。

ヘアオイルの効果

髪にフタをしてうるおいを逃がさない

シャンプーやトリートメントでうるおいや栄養を吸収した髪の毛も、時間が経つごとにどんどん水分が蒸発していってしまいます。

そこで仕上げにヘアオイルをつけることで、髪からうるおいが逃げていかないようにカバーしてあげることが可能。

 

フタをしてあげることで水分が閉じ込められ、うるおい感が長続きする、ということなのです。

コーティングして髪を守る

髪はドライヤーの熱やブラッシングの摩擦、紫外線などから多くのダメージを受けています。

ヘアオイルをつけると髪がコーティングされ、そんな外的ダメージからも守ってくれるのです。

 

オイルは揮発しにくいので、熱からもダメージを守ってくれるわけですね。

髪にツヤを与える

ヘアオイルには乾燥してパサついた髪の保湿だけでなく、ツヤを与えて美しく仕上げる効果があります。

髪につけた後すぐにその効果を実感できるのもヘアオイルのメリット。

 

ただし、つけすぎには注意!ギトギトになってしまい、清潔感がなくなってしまいますよ。

ヘアセットにも使える

朝起きたら髪がまとまらなくて悲惨なことに!

そんな時にもヘアオイルが活躍します。

 

適量を髪になじませれば、広がった髪も頑固な髪質もまとまりやすく、さらにその上からワックスなどを使って動きを出したりすることも可能。

 

ヘアオイルは髪のうるおいをキープすることで毛の流れを整え、まとまりやすくしてくれるので、朝のスタイリングも快適に。

固いワックスを使ってセットするとパサついた印象になりがちですが、ワックスの前にヘアオイルをなじませることで、うるツヤ軽やかヘアスタイルができちゃうのです!

ヘアオイルを効果的に使うステップとポイント

①つけるタイミングは髪を乾かす前

ヘアオイルで髪をコーティングすることで、ドライヤーの熱やブラッシングの摩擦から髪を守ってくれます。

ドライヤーを乾かす前や、外出前に使うとより効果的です。

 

②適量を取る

髪にヘアオイルを付けた後、まだ手がベタついてオイルが残っているようだとつけ過ぎかも。

1~2滴で十分なものや、たっぷりつけてもベタつかないものなど、適量は商品によるので良く確認して、つけ過ぎに注意することが大切。

 

この「適量」を守らないと、髪の毛がベタベタになってしまいます。

 

③指の間までなじませる

手のひらに取ったオイルをそのままつけると一部にベタっと付きすぎてしまうので、指の間までオイルを馴染ませてから髪全体に揉み込むようにつけてくださいね。

 

④内側の髪からしっかり行き届かせる

外側の髪の毛だけにしかオイルがついてないため、表面の部分だけがベタついてしまっている場合も。

内側の髪の毛から塗布していき、外側はうすく伸ばしていく程度にしましょう。

 

⑤生え際にはつけない

生えてきたばかりの根本はオイルをつけなくてもOK。生え際にオイルをつけるとテカって見えてしまうことも。

根本から数センチ下の、水分が失われて傷んでくる部分からオイルをつけるのがおすすめ。

 

毛先には念入りに揉み込むようにしましょう。

 

おすすめヘアオイル –チャップアップオイル–

補修効果の高い、髪に優しいヘアオイルをご紹介します。

 

  • オーガニック成分配合
  • UVカット効果
  • ノンシリコンで頭皮に優しい

に優れており、どなたでも使えるのも魅力的。

 

さらには、うねりまで軽減させてくれる嬉しい効果も!

通常のヘアオイルだと、うねり髪には適さず、べたつく原因になってしまうこともしばしば。

 

こちらを手に入れて、サラサラうるツヤ髪を目指しましょう!

 

↓↓ツヤとまとまりが手に入るチャップアップヘアオイルの公式サイトはこちら↓↓

まとめ

いかがでしたでしょうか。

髪の毛のパサパサ改善は、ヘアオイルで解決できちゃうのです。

 

ヘアオイルの効果的な使い方をおさらいしてみましょう。

ヘアオイルの効果的な使い方

①つけるタイミングは髪を乾かす前

②適量を取る

③指の間までなじませる

④内側の髪からしっかり行き届かせる

⑤生え際にはつけない

 

ぜひ、ヘアオイルを手に入れて、今日から実践してみてくださいね!

 

↓↓ツヤとまとまりが手に入るチャップアップヘアオイルの公式サイトはこちら↓↓

 

この記事がお役に立ちましたら

*\ぽちっと/*お願いします!


にほんブログ村


ヘアケアランキング