ライフスタイル

髪の毛をボリュームダウンしたい!ボリュームが増える理由と対策方法

髪が広がって思うようにスタイリングできない。

ボリュームが増えてダウンスタイルがしにくい・・・

 

あなたはこんなお悩みを持っていませんか?

実は、髪の毛のボリュームが増える原因は、髪質だと思われがちですが、日頃受けるダメージや髪型などが関係してくるのです!

 

髪の毛が広がってしまうと、ダウンスタイルがしにくかったり、思うような髪型にはなりづらいので、ヘアケアをしっかり気をつけてあげることで、ボリュームを抑えることを心がけましょう。

ボリュームがあり、広がっている髪の毛は乾燥していることが多く、傷んで見えやすいのです。

 

今回は、髪の毛をボリュームダウンしたい方へ、ボリュームが増える原因と対策方法についてお話しします!

髪の毛のボリュームが増える原因はなに?

髪の毛のボリュームが増えて困っているあなたへ、
髪の毛のボリュームが増えるのには、髪質以外にも原因があるのです。

  • 髪の量が多い、または髪が太い
  • くせ毛でうねったり縮れたりしている
  • 乾燥などによるダメージがある
  • 髪質に合わない髪型をしている
  • 湿気に弱い

いかがでしょうか。

人によっては、1つの原因を改善すればボリュームを抑えられたり、広がることが少なくなるかもしれませんし、複数の原因が重なっていることも考えられます。

 

それぞれの原因に合わせて、対策を変えていくことが大切。あなたに当てはまっているものがあるか、チェックして行きましょう。

ボリュームが増える髪の原因① 髪の量が多い、太い

髪の量が多いというのは、生えている本数が多いということ。
髪の毛の量が多いと、どうしても広がって見えます。

しかし、髪の毛が多いからと髪をすくと、さらにボリュームが増えてしまう原因にもなり兼ねません。

 

また、髪が太いと髪のまとまりが得られにくいため、ボリュームが出て見える原因に。

豊かな髪、ハリ・コシのある髪の毛を持つ女性は素敵ですが、多すぎると重たく見えてしまう原因にもなるのです。

また、量が多い分、しっかり整えておく方法を知らないと、広がりやすくなってしまうことにもつながりやすいですが、髪の量が多いことはアレンジを楽しみやすく、調整も行いやすいというメリットでもあります。

ボリュームが増える髪の原因② くせ毛

くせ毛の方の場合、うねりや縮れが生じるため、髪が膨らみボリュームが出てしまいます。髪が固くて生え方が直毛であったり、逆に癖が強い場合のどちらでも髪はボリュームが出やすくなります。

日本人女性は黒髪ストレートヘアのイメージが強いかもしれませんが、実際は8割以上の人がくせ毛であるといわれています。
また、ストレスや栄養不足、ホルモンバランスの乱れなどの原因からくせ毛になることも。

くせ毛を改善させる生活習慣とは?ストレスに負けない生活習慣7つのポイントくせ毛は、髪の毛がきちんと育っていないことが原因です。 遺伝が原因ということもありますが、生活習慣が悪いせい、という可能性もありま...

くせ毛は、ストレートヘアと比べるとまとまりにくく、乾燥しやすいので、ボリュームが多く見えてしまう原因ともなります。

ボリュームが増える髪の原因③ 髪が傷んでいる

髪が傷んだ状態とは、キューティクルが傷ついてしまったことにより、内側のタンパク質が流れ出し、髪内部がスカスカになってしまっている状態。

傷んだ髪はしなやかさが失われているため、まとまらずひろがりやすくなっています。

 

髪の毛が乾燥してパサパサしていると、まとまりが出にくくボリュームが出やすくなっていることに加えて、繰り返しパーマやカラーリングをしていると、キューティクルが開いてしまい乾燥が加速します。

髪が傷むことによって、内部までダメージを負ってしまうということですね。

ボリュームが出やすい髪の原因④ ヘアスタイル

ヘアスタイルによっても髪のボリュームは大きく変化し、特に全体的なシルエットが髪のボリュームと大きく関わってきます。

 

髪のうねりを抑えるカット!髪の量が多い方のくせ毛ボリュームダウン法に記載している通り、ボリュームが出やすい髪型というのがあり、それを防ぐためにはカットが有効。

ぜひ、併せて読んでみてくださいね。

ボリュームが増える髪の原因⑤ 湿気に弱い

梅雨の季節は髪がまとまらなくて辛いという経験がある方も多いかもしれませんが、湿気はダメージを受けて乾燥した髪の毛の内部に入り込み、膨張させてしまいます。

また、湿気があることで髪の中に乾いた部分と濡れた部分が不均等にある状態になってしまい、うねりを生み出すことで、ボリュームが増えてしまう原因になるのです。

髪の毛をボリュームダウンする7つの方法

髪の毛が膨らむ原因はいろいろあることをお話ししました。ここからは、それぞれの原因に合わせた髪の毛のボリュームダウン方法3つをご紹介していきます。

  • ①ダメージ対策
  • ②カットやパーマなどで対策
  • ③ヘアアレンジ

では、それぞれの項目について詳しくご紹介していきましょう。

①ダメージ対策

ボリュームを抑えるシャンプーを使う

ボリュームを抑えるためには、髪の毛へのダメージを最小限にすることや、頭皮・髪の毛の乾燥を防ぐことが大切。

ちなみに、こちらでオススメしているのは、スカルプケア専用のアミノ酸シャンプー「アスロング-aslong-」。

 

頭皮環境を整え、髪の毛に栄養を与えてくれるので、髪質を改善したい方にはぴったりのシャンプーなのです。

 

オーガニックシャンプー&トリートメント「アスロング」公式サイトはこちら↓↓↓

アウトバストリートメントを使う

髪の毛は、乾燥している髪の毛が周囲の水分を吸収してしまうことにより、膨張して広がりやすくなってしまいます。

そこで使用したいのが、ヘアオイルなどのアウトバス(お風呂を出てから使う)トリートメント。

 

しかし、髪の毛のうねりを抑える方法!オーガニックヘアオイルのくせ毛防止効果にあるように、ヘアオイルのコーティングの効果で、髪内部から水分が溢れ出すことを防いでくれるので、結果として外から水分が入りにくい状態に。

髪の水分量を適度に保ってくれる、というわけですね。

↓↓ヘアオイル「チャップアップ」公式サイトはこちら↓↓


ドライヤーは上から当てる

乾かし方によって髪のまとまりに違いが生まれます。
ドライヤーは、必ず上から当てるようにしましょう。

詳しいドライヤーの乾かし方は、くせ毛はドライヤーのかけ方に注意!広がる原因と改善のステップ6つを参考にしてみてくださいね。

②カットやパーマをあてる

髪の量を減らす

生まれつき髪の毛の多い人は、プロの美容師の手を借りて毛量調整をしてもらう方法も有効です。
ただ切ればいいというわけではなく、少なすぎると逆に重さを失ってまとまりづらい髪になってしまうので、専門の美容師に相談しながら進めることをオススメします。

 

 

ストレートパーマを当てる

パーマをかけた後とってまっすぐにしたいならストレートパーマがオススメ。

 

くせ毛が悩みという人は、縮毛矯正をするという方法もあります。縮毛矯正は元来のくせも伸ばすことができます。

髪のうねりには縮毛矯正?ストレートパーマ?値段やもつ期間を徹底比較!髪の毛がくせ毛の方は、雨の日にうねうねしたり、髪が広がってしまったり、まとまりにくくて扱いが面倒だったりしますよね。 そんなことか...

③ヘアアレンジを施す

予防していても、日頃のケアを頑張っていても、特に梅雨時期など湿気の多い時期になってくると、どうしても広がりやすくなってしまう時はあります。

 

そんなときはヘアアレンジの力を活用する方法がオススメ。

ハーフアップにするだけで両側のボリュームを抑えることもができますし、サイドをねじってバレッタなどのアイテムでとめれば、ボリュームが抑えられるだけでなくオシャレ度もアップしちゃうこと間違いなし!

 

困った時には是非、ヘアアレンジを試してみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

髪にボリュームが出る原因4つと、対策法7つについてお話しさせていただきました。奥の人は、髪にボリュームが出るのは髪質のせいと思い込んで、縮毛強制やストレートアイロンなどを繰り返しがち。

 

まずは、原因を知って、それに見合った対策を施してあげるのが、美髪への近道ですが、
美髪は1日では成らず。

7つの対処法をじっくり読んで、実践してみてください。

 

あなたの美髪を応援します!

 

この記事がお役に立ちましたら

*\ぽちっと/*お願いします!


にほんブログ村


ヘアケアランキング