くせ毛対策

【捻転毛を改善したい】捻転毛の原因・縮毛矯正の効果と生かす髪型とは

捻転毛って何?と思われた方。

捻転毛はくせ毛の一種で、あなたが単なるくせ毛だと思っていた髪の毛が、実は捻転毛だったということも非常に多いです。

 

そんな捻転毛の特徴とは、その名の通り捻(ねじ)れていること。様々な要因により、ねじれてしまう事により、くせが強くなってしまうのです。

今回は、あれ?私って捻転毛?と思われた方へ、【捻転毛を改善したい】捻転毛の原因・縮毛矯正の効果と生かす髪型とは?についてお話ししていきたいと思います!

 

↓髪のうねり対策シャンプーはこちらをクリック↓

髪のうねり対策!髪が伸びるとうねる理由とうねり対策用シャンプー3選

 

捻転毛は改善できる?原因と改善方法

捻転毛の原因は遺伝と生活習慣

捻転毛は、髪の毛がらせん状に捻じれているので広がりやすく、パサつきが出て、スタイリングがしにくいのが特徴。

通常、直毛の方は髪の毛が1本1本しっかり均一な太さの髪が生えていますが、捻転毛は髪の太さがまばらで、細くなったり、太くなったりしています。

 

なぜ捻転毛がこのようになってしまうかというと、遺伝と生活習慣に関係していました。

遺伝は、親から受け継いだ遺伝子により、捻転毛になってしまうこと。親のくせ毛が弱くても、強いくせ毛が出てしまうこともあるのです。

 

また、生活習慣が乱れることで、ホルモンバランスが乱れたり栄養不足になり、髪の毛への栄養が滞ってしまうことが捻転毛になる大きな原因の一つ。

栄養が不足しているせいで、髪の毛の太さがバラバラになってしまうと考えられています。

 

特に、捻転毛はくせ毛の中でも特にやっかい。

やっかいなくせ毛を美髪へ導くためには、生活習慣の改善が必要不可欠、というわけ。くせ毛を改善させる生活習慣とは?ストレスに負けない生活習慣7つのポイントも参考にしてみてください。

捻転毛改善にはシャンプーと頭皮マッサージ

捻転毛は太さがバラバラなので、髪もねじれやすく、細くなっているところは切れ毛にもつながってしまい、切れ毛が増えると毛先のパサつきに繋がります。

そこで大切なのは、髪の毛を丁寧に扱うこと。具体的にはシャンプーと頭皮ケアですね。やり方を確認していきましょう。

シャンプーでケア

シャンプーで大切なのは、やり方と選び方。

選び方は髪のうねりはシャンプーを選べ!産後や加齢のくせ毛に効くシャンプー選び方を参考に、髪の毛に優しいものを選んでみてください。


正しいシャンプーの仕方

  1. シャンプー前にブラッシングをする
  2. シャンプー前にしっかりぬるま湯で予洗いする
  3. シャンプーは適量を手のひらで泡立ててから使う
  4. マッサージしながら頭皮のよごれを落とす
  5. 洗い残しがないようにしっかりすすぐ

特に、大切な工程は②シャンプー前に予洗いすること。実は一日の汚れのほとんどは、湯洗いで落ちてくれます。

ですので、シャンプー中は汚れを落とそうとしてゴシゴシ洗いするのは厳禁。頭皮が傷つく原因になってしまいますので、あくまでも優しく洗うことを心がけてくださいね。

 

↓髪のうねり対策シャンプーはこちらをクリック↓

髪のうねり対策!髪が伸びるとうねる理由とうねり対策用シャンプー3選

頭皮ケア

髪の毛は日常に溜まった汚れや、汚れが詰まったことによって起こる毛穴の歪みなどの問題を抱えています。

そんな髪の毛を健康にするために効果的なのは、頭皮マッサージ。

 

身体の血行をよくすることで、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなります。また、シャンプー前に湯船に浸かりながら行うことで、すすぎの際に汚れを落としやすくなる効果も。

 

こちらもクリック→新発想!毎日使用できる、頭皮に優しくアプローチする炭酸シャンプー「GRACE SEED STELLA スパークリングシャンプー」

頭皮全体を優しく触ってみて、ゴツゴツしているところがあれば、老廃物が溜まっている証拠。リンパマッサージのように流してあげることで、老廃物も除去できます。

マッサージするときは、指の腹で、優しく行うことを心がけましょう。

縮毛矯正は効果なし?捻転毛を生かす髪型とは

捻転毛に縮毛矯正はダメージが大きい

捻転毛は波状毛や縮毛のように、シンプルな構造のくせ毛ではありません。そのため縮毛矯正でも、コイル状に巻いている捻転毛では薬剤の浸透が難しくなっています。

浸透時間で施術も変わってきますので、捻転毛の改善で縮毛矯正をすると追加料金が発生することもあります。薬剤を長い時間使うということは、それだけダメージが大きいということ。

 

縮毛矯正は、正しく施術をしてもらえれば、すぐにストレートになるため、何度もお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、縮毛矯正とは、根本的にくせ毛を解決するものではない、ということを覚えておいてください。こういったケアを施さないと、一生縮毛矯正から逃れられなくなってしまいます。

捻転毛を生かす髪型とは

捻転毛と付き合っていく方法の中で、髪型を生かすということも考えられます。

これは、比較的くせが弱い方がやりやすいとは思いますが、くせが強いという方でも、部分的な縮毛矯正、ストレートパーマなどを組み合わせることで、あなたにしかできない髪型が実現可能。

 

天パでも似合う髪型女性版!天然パーマも作れるかわいいヘアスタイルを参考に、くせ毛を生かすスタイルにチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

捻転毛は、くせ毛の中でも特に対策がしにくい髪質。遺伝の場合は縮毛矯正がベターな方法にはなりますが、後天的な原因(生活習慣など)であれば、生活習慣を改善していくことで改善されていきます。

 

ご紹介したシャンプーや頭皮マッサージなど、ぜひ今日から取り組んでみてくださいね!

 

↓髪のうねり対策シャンプーはこちらをクリック↓

髪のうねり対策!髪が伸びるとうねる理由とうねり対策用シャンプー3選

 

この記事がお役に立ちましたら

*\ぽちっと/*お願いします!


にほんブログ村


ヘアケアランキング