くせ毛対策

雨の日にも!くせ毛をストレートにする方法3選 ヘアケア編

雨の日は頭が爆発してしまう!

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

なぜ、雨の日はセットしても広がってしまうのでしょうか?

 

それは、髪の毛の水分量の変化に原因がありました。

今回は、雨の日が大嫌い!くせ毛が広がるのを防ぎたい!というあなたへ、くせ毛をストレートにするヘアケア方法をお話しします。

雨の日にくせ毛やうねりがひどくなるのは何故?

くせ毛が広がりやすい原因

サラサラのストレートヘアの方を見てみてください。ツヤツヤ輝いていますよね。

これを、髪の毛の水分量が十分に足りている状態だとします。

本来、髪の毛には一定の水分量が必要なのです。

 

では、なぜ雨の日にはくせ毛がひどくなり、広がってしまうのでしょうか?

実は、くせ毛はとても乾燥しやすく、乾燥しているため水分を吸収し、膨張してしまうのです。

 

さらに、くせ毛の方は髪の毛にダメージを受けやすく、髪の毛を守っているキューティクルが傷つきやすいです。

そうなってしまうと、傷ついたキューティクルから水分が出てしまい、乾燥しやすくなるというわけです。

髪の毛の水分量の変化が原因

もうお分かりでしょうか?

乾燥→水分吸収→膨張、といったように、髪の毛の水分量が変化すると、くせ毛やうねりが出やすくなってしまうのです。

 

水分量の変化を防ぐためには、正しいヘアケアをして、髪の毛をコーティングしてあげることが大切。

くせ毛やうねりに有効なヘアケア方法をお伝えします。

うねり、くせ毛、広がりを抑えるには?

正しいシャンプーをする

シャンプーの前にブラッシング

シャンプーをした時、髪の毛が絡まって困ったことはありませんか?

シャンプー前にあらかじめブラッシングをしておくことで、頭皮の汚れやフケを浮かびあがらせ、その後のシャンプーの泡立ちが良くなり、髪の毛の汚れを落としやすくなります。

 

さらに、頭皮を刺激することで血行を促進し、新陳代謝を活発にするので、頭皮環境の改善にもつながります。

ブラッシングを丁寧に行うことが大事、ということですね!

洗髪時は38度前後のぬるま湯で

熱いお湯で洗うと、スッキリ汚れが落ちるように感じますよね。

でも、実は頭皮にとっては、必要な分の皮脂やうるおい成分まで洗い流してしまうことになり、かゆみやフケの原因にもなりかねません。

ちなみに、38度より低い温度では、頭皮や髪についた皮脂などの汚れを落とすことができず、気になるニオイが発生することもあるのです。

シャンプーをつける前にお湯洗い

髪の毛についた汚れは、このお湯洗いで約8割を取り除くことができます。指の腹部分を使い、髪の毛の間を軽く動かしながら優しくマッサージするように行うことがポイントです。

お湯洗いはだいたい2〜3分かけて行いましょう。

シャンプーは頭皮のために

シャンプーは、泡だててから頭皮にのせます。

シャンプー剤をそのまま地肌につけると、刺激が強すぎてかぶれの原因になったり、すすぎで十分落とせずに洗い残してしまうことがあります。

 

そのため、シャンプーは手のひらに乗せ、軽く泡だててから乗せるようにしましょう。

また、シャンプー中に頭皮をマッサージするのも効果的です。

 

くせ毛にも効果的なアミノ酸シャンプーは、こちらがおすすめ。

→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

 

なぜ、これらのシャンプーをおすすめしているかというと、
髪の毛に優しい成分が配合されていたり、隅々まで考えて作られているから。

市販のシャンプーではダメなのかというと、そうではありません。

 

ただ、市販のシャンプーはシリコン入りのものが多く、ありすぎてどれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、当ブログの運営者として、口コミやSNS等で人気の高い商品をピックアップし、「有効成分」「価格」「口コミ」「使用感」を5段階評価でレビュー。

実際に使ってみた感想というのは、かなり参考になるのではないでしょうか。

 

いますぐチェック!→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!「髪の毛がサラつやに!」「髪質が変わる!」「くせ毛とはおさらば」 あなたはこのようなPOPを見て、購入を決めたものの あまり効果...

 

きっちりすすぐ

シャンプーの最後の大事なポイントは、とにかくしっかり洗い流すことです。

洗い残しのシャンプー剤や汚れが定着すると、頭皮や髪の毛の様々なトラブルを招いてしまう原因になります。

洗い流しの目標は3〜5分。十分かな〜と思うところから、さらに時間をかけて洗い流すことを心がけましょう。

正しいトリートメントをする

髪の水分をきる

シャンププー後にトリートメントを行うとき、髪がべちゃべちゃのままトリートメントをつけていませんか?

水気が多いと、トリートメントが薄まり、さらに流れやすくなってしまいます。せっかく高いトリートメントを使っていても、これでは効果が半減してしまいますよね。

正しいシャンプーの後、よくすすぎ、水気を切ってください。

しっかりなじませる

トリートメントは、地肌につけないように毛穴や地肌を詰まらせる原因になってしまうからです。

毛先からもみ込むように、つけていきましょう。毛先をぎゅっと握るようにもみ込むのもいいですね。

 

わたしはよく、トリートメントをつけた後、湯船に浸かります。湯船に浸かっている間、髪の毛をケアできていると思うと、嬉しいですよね。

お風呂に入ると血行がよくなるので、頭皮にも嬉しい効果があります。

正しいドライ・ブローをする

あなたは、正しい乾かし方ができてますか?

まさか、濡れたまま寝るなんてこと、ないですよね?

 

髪が濡れていると、キューティクルが開いたままになってしまい、ダメージを受けやすくなります。

枕との摩擦が、キューティクルのダメージを加速させてしまう、ということ。お風呂あがりにはしっかり乾かすことを心がけましょう。

こちらで正しい乾かし方を紹介しています。

くせ毛を改善させる生活習慣とは?ストレスに負けない生活習慣7つのポイントくせ毛は、髪の毛がきちんと育っていないことが原因です。 遺伝が原因ということもありますが、生活習慣が悪いせい、という可能性もありま...

まとめ

毎日のヘアケアで重要なのは、潤いをたっぷり与えてあげること。

そのため、洗い流さないトリートメントなどはオススメです。

 

また、規則正しい生活を送ることも重要。身体の一部は、自分の状態を表しています。どこかに不調があれば、不健康に見えかねません。

ひとつずつ意識して、美髪を手に入れましょう!

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村


ヘアケアランキング

1ヶ月で実感!?今なら定期コースがお得

髪の毛に栄養を与え、いつまでも美しく…アスロング

★☆★☆★☆定期初回は60%オフ★☆

★☆2回目以降も40%オフ★☆★☆