くせ毛対策

くせ毛を治したいけどおしゃれもしたい!縮毛矯正とカラーはどっちが痛む?

くせ毛を治したいけど、女性として生まれたからには、おしゃれも楽しみたい。

くせ毛の後天的な理由は、本当に様々な原因がありますが、
その中の一つとして、積み重なったダメージだというお話しもしました。

参考:髪の毛がチリチリくせ毛に!突然髪質が変わった方へ【外的原因編】

 

でもそう言われても、ストレートにもなりたいし、
少し明るいカラーにもチャレンジしたい。

そう思っている女性は少なくないはず。

 

では、実際どのくらいの影響が出てしまうのでしょうか?

今回は、そんな女性のため、縮毛矯正とカラーはどっちが痛むのか?
について徹底解剖したいと思います!

くせ毛を治したいけどおしゃれしたい!ダメージが強いのは?

パーマでもブリーチでもカラーリングでも一番気になるのが「髪へのダメージ」。

パーマやカラーをした後は、なるべく持ちが良くなるようにするのと、
髪のダメージケアもしっかり行わなければいけませんよ。

縮毛矯正・ブリーチ・カラー、負担の大きさは?

縮毛矯正

パーマ液のダメージと、アイロンによる熱のダメージを両方を受けてしまうので、
髪や頭皮にかかる負担は特に大きいと言えます。

 

また、ストレートヘアを維持したい方は繰り返しかける方がほとんど。

長い期間に渡ってダメージを与え続けてしまうのです。

ブリーチ

ブリーチはメラニン色素を抜くことにより、後から入れる色を際立たせます。

明るい色を入れたい場合は欠かせない施術ですが、
強いブリーチを何度も行うと、あっという間に髪が傷んでしまいます。

 

ブリーチは何度も繰り返し行わないようにしましょう。

カラー

最後は「カラー」です。

染料の違いでダメージの大きさが異なりますが、アルカリ性染料など
色落ちしにくいタイプのヘアカラーは髪の傷みが大きいです。

 

できるだけ髪に負担のないタイプを選ぶようにしましょう。

市販のヘアカラーは上手く染まらなかったり、時間をおきすぎたりするので、
自信がない方は美容院などでカラーリングをお願いしてみてくださいね。

傷み方に違いはあるのか?

薬剤を使うという点では、縮毛矯正もブリーチもカラーも変わりありませんが、
薬剤の種類や、その他行う施術によって傷み方も多少変わってきます。

特に、縮毛矯正は熱を伴う施術のため、
髪の毛が乾燥し、ツヤがなくなってチリチリにある可能性が高いです。

髪の毛のチリチリにお悩みのあなたには、乾燥を防ぐ保湿効果のあるシャンプーがおすすめ。

→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

 

なぜ、これらのシャンプーをおすすめしているかというと、
髪の毛に優しい成分が配合されていたり、隅々まで考えて作られているから。

市販のシャンプーではダメなのかというと、そうではありません。

 

ただ、市販のシャンプーはシリコン入りのものが多く、ありすぎてどれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、当ブログの運営者として、口コミやSNS等で人気の高い商品をピックアップし、「有効成分」「価格」「口コミ」「使用感」を5段階評価でレビュー。

実際に使ってみた感想というのは、かなり参考になるのではないでしょうか。

 

いますぐチェック!→【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!

【1ヶ月で実感】髪の毛がうるさらに?!おすすめシャンプーランキング!「髪の毛がサラつやに!」「髪質が変わる!」「くせ毛とはおさらば」 あなたはこのようなPOPを見て、購入を決めたものの あまり効果...

 

一方、ブリーチやヘアカラーは、頭皮につく可能性が高く、
痒みやフケといった頭皮トラブルを起こしやすいのが特徴。

特にブリーチは強い薬剤を使うので、頭皮に付着すると
ヒリヒリとした刺激を伴うこともしばしば。

どの施術を行うにしても、
事前に今の髪のダメージをチェックしておくようにしましょう。

 

カラーと縮毛矯正は結局どっちが痛むのか?

縮毛矯正、ストレートパーマ

これもブリーチ同様かなりのハイダメージです。

縮毛矯正の場合、パーマやデジタルパーマと同じような仕組みで、
熱の力で髪の毛の形を変化させます。

①1剤で髪の毛の結合を切断する

②アイロンでストレートに矯正する

③2剤で再結合させる

縮毛矯正の仕組みはこんな感じ。

 

また、縮毛矯正をかけることでこんなデメリットもあるので、注意が必要です。

  • 髪がかたくなる
  • パーマがかけにくくなる
  • カラーの発色が悪くなる

縮毛矯正と、ブリーチやカラーを同時に行うことは危険だということですね。

参考:くせ毛を治したい|ブリーチした髪に縮毛矯正は同時にできる?順番は?

ヘアカラー

パーマと同様くらいのダメージだと考えてもらうといいかもしれませんが、
最近の美容室のカラー剤は昔と比べてかなりアルカリなどが低配合になっています。

 

カラーの仕組みはこんな感じ。

①1剤のアルカリがキューティクルを開き、薬剤が入っていく

②髪の中で2剤のオキシドールが髪の毛のメラニンを脱色、
 1剤の染料の発色を同時に行う

③染まる

 

薬剤自体がかなり発達して優しい処方にはなっているものの、
繰り返しカラーチェンジをすることで、髪が痛んでいくのは想像がつくと思います。

  • パサつきを感じる
  • 繰り返しするとキレイに発色しにくくなる
  • 繰り返しすると色持ちも悪くなる

など、繰り返すことで目立つ欠点もありますので、かけすぎには注意が必要です。

ダメージが大きいのは・・・

もうおわかりの方も多いと思いますが、より痛むのは縮毛矯正

ストレートや縮毛矯正のように真っ直ぐする場合、
髪の毛の結合をしっかり切断しないといけません。

 

その分薬剤を強くしないといけないですし、
それだけ髪の毛のダメージも大きくなります。

そしてそこに加えて180℃のアイロンですから
髪の毛のたんぱく質も熱によって変性してしまいます。

 

なのでストレートや縮毛矯正を繰り返し施術するのはできれば避けたいところ。

根本的な改善方法も試してみてくださいね。

参考:くせ毛を治す方法!女性のくせ毛を根本的に治す方法【原因と改善法】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

縮毛矯正・カラー・ブリーチ、どれをとっても髪にダメージはあります。

 

もちろんおしゃれを楽しみたい気持ちは、とてもよく分かります。

 

しかし、髪の毛は一生付き合っていくあなたの財産。

カラーやパーマがどれだけおしゃれだからといって、
髪の毛にツヤがなかったり、パサパサしていたら元も子もありません。

 

美髪を保ちたいのであれば、こういった施術の頻度や間隔を調整して、
最低限髪の毛に負担がかからない程度にとどめておくようにしましょう!

 

 

この記事がお役に立ちましたら

*\ぽちっと/*お願いします!


にほんブログ村


ヘアケアランキング

1ヶ月で実感!?今なら定期コースがお得

髪の毛に栄養を与え、いつまでも美しく…アスロング

★☆★☆★☆定期初回は60%オフ★☆

★☆2回目以降も40%オフ★☆★☆